ライフステージに合わせてドッグフードを選ぶために

 

犬には乳糖を分解する力がないため、人間用のミルクを与えると体に悪影響を及ぼすと言われています。

 

ですが、あるミルクなら犬にもぴったり、しかも栄養抜群なんです。そのミルクとはどのようなものなのでしょうか。

 

ヤギ

 

犬はミルクに含まれる乳糖を分解できない

 

ミルクには栄養成分が豊富なため、離乳食を卒業する子犬のドッグフードをふやかしたり、食欲が落ち歯が弱くなってしまったシニア犬のためドッグフードにかけたり、さまざまな使い方ができる便利で頼りになるものです。

 

ですが、愛犬に与えるミルクはしっかりと吟味しなければいけません。

 

通常のミルクには乳糖という成分が含まれており、この乳糖はラクターゼという成分により分解されることで、腸内から吸収されます。

 

ですが、犬はラクターゼを持っておらず、通常のミルクを与えると下痢などの症状を引き起こすかもしれないのです。人間も4人に1人は乳糖不耐性と言われ、ミルクを飲んでお腹がゴロゴロするなどという人はこのタイプです。

 

ヤギミルクを与えてみる

 

ドッグフードをふやかす場合などにミルクを使用する場合、おすすめなのはヤギミルクです。

 

ヤギミルクはその栄養成分の豊富さと、アレルギーを起こしにくいことなどで注目されています。このヤギミルク、乳糖がとても少なく、犬にも安心して与えることができるのです。

 

ヤギミルクの特徴

 

  • 乳糖がとても少ない
  • タンパク質が豊富
  • カルシウムが豊富
  • アレルギーを起こしにくい
  • 消化がいい
  • 通常のミルクと比べ低カロリーでヘルシー

 

子犬の離乳食作りに、シニア犬の栄養補給に活用できます。